日本生殖医学会が「不妊治療再開」を通知!

2020.05.18

日本生殖医学会は4月1日に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対して声明にて不妊治療の延期を推奨していましたが、
2020年5月18日、感染防御と拡大防止の対策を取りながら、
「不妊治療の再開」
を考慮するように各会員に通知を出しました。
つまり、
感染に注意しながら、不妊治療(人工授精、体外受精)を始めましょうとの内容です。
状況に応じた対応は必要ですが、
当院にても引続き感染対策に配慮しながら不妊治療を進めていきます。
患者様におかれましては、引き続き
・来院前の体温測定
・マスクの着用
・ソーシャル ディスタンスの維持
をお願いします。